[クルーズ] 追記

厳寒地での住宅環境。人口200人というアラスカの小さな港街, ウイッティア。

このビルが集合住宅、そして一つのコミュニティ、学校、店舗、病院、その他生活に必要な施設が全て雑居しているんですって! 何となく、その状況は クルーズ船にもちょっと似ています。観光シーズンには 大型クルーズ船が入港し、人口の何倍もの乗船者が下船。街の光景は一気に変わるのでしょう。

*旅雑感
環境に適応し、ライフスタイルを作り上げていく人々の叡智、たくましい生存能力等 実際に肌で感じることが出来たことは 国々を巡り、それぞれの独自スタイルを実際に 流れの中で見ることが出来たおかげだと感謝しています。

しかしながら 何万年と地形変動を繰り返しながら 形成していく自然界の驚異、そして人々に無言で訴えかける 私達人類の担っている責務、スケールの大きなテキストブックでした。

船の中で 毎回寄港地に関する講座を担当して下さった市根井先生に感激しました。私とほぼ同年と伺いましたが そのエネルギーと人々に対する思いやり そして多くの分野を網羅して準備された寄港地案内、歴史、地理はじめガイドとしての交通状況、切符の買い方、マストゴーの名所、食べ物等々。。。

パワーポイント(?)を使用しての講座は 毎回超満員。衣装も 寄港国のカラーの素敵なお洋服を身につけられるご配慮。可愛く、しおらしく しかし丁寧に資料を集め、画像を整理し見事でした。

この寄港地案内が終わると 今度は英語レッスンのクラスを初級から担当されました。この時、はっと驚いたことが・・・夫も、隣のお部屋の人も・・・先生が全く別人と思えるようにテキパキとして 昔、熱血教師(?)だったろうな〜と思わせるような 揺るぎのない指導。自分流のマニュアルがきちんと出来ていて ちょっとのぞいてみた私達も その見事さに最後までいました。どちらのキャラクターも素晴らしく 出会えたことに感謝です。
この方は イギリス人のクラッシックギタリスト、もう終盤の頃のコンサートで とても感動を頂いた方です。マッスル君も 昔少しギターを弾いていた頃があるので リズムを刻みつつ同時にメロディを奏でるのは 大変なのに ピアソラリベルタンゴ、見事だと感心!

観客が日本人がほとんどなので きちんと曲名をたどたどしいながらも日本語でメモを見ながら説明されるご配慮。また、あるとき、ビュフェでお会いして 先日のコンサートは素晴らしかったですねとお話ししたら わざわざ立ち上がってご挨拶され さすが英国紳士!

マッスル君は 舞台で初めて見たとき あ!スティーブにそっくり!と、叫びました。スティーブもプロではありませんが ギター上手です。(笑)

[家] 留守中に

我が家のメインテナンス、留守中に すっかり終わり、きれいになっていました。でも、庭・・・雨が多かったせいでしょうか?木が鬱蒼とし、背丈の高い草がいっぱい。これから一仕事です。

そして、3ヵ月分の郵便物。ダイレクトメールも入れると 相当数。二人して 仕分け。あ〜自動車税!延滞。あ〜ぁ!戻されてしまった書類、早速電話をするのですが 混んでいて通じません。しばらく雑務が大変だな〜!

でも、嬉しいこともありました。大好きなストレプトカーパスの紫色の花、ほぼあきらめていたのですが 枯れるどころか 沢山花をつけて玄関脇で私達を迎えてくれました。留守中の郵便物、散水などお願いしている方が ずっとお世話していて下さったのです。

昨日、横浜で妹夫妻と別れ 小田原駅で昼食。帰っても冷蔵庫は空っぽなので、矢張り和食で手軽にと 駅の魚国でいただきました。矢張り美味しいね、久しぶりの和食は 特にいいね など話ながら・・・・

よほどパクパク美味しそうに食べていたのでしょうか? お隣のテーブルで一人で食事をされていたご年配の女性が 「よろしかったら これどうぞ。私、箱根で買って二つ食べた残りなんですけど・・・」っと おまんじゅうを下さいました。え〜っと、びっくりしましたが 優しい笑顔にさそわれて 思わずありがとうございますと 頂いてきました。
f:id:sunflower23:20190716054856j:plainf:id:sunflower23:20190716055055j:plain
 
クルーズでは リラックスしつつも 緊張感もあったのでしょうか? 何だか 思いがけない大段幕の出迎えや このご親切饅頭に ほわほわほわ〜んと、気持ちが緩んでいくようでした。今日は 宅配で届いたスーツケースの整理や 少し時差を感じ 思考力ゼロなので この辺で失礼致します。

[クルーズ] 横浜帰港

本日、無事に横浜に帰港、そして帰宅しました。4月10日出港の日も雨、そして今日も雨・・・・
800人からの人が下船するのですから 相当混乱するだろうと案じていましたが 下船のオリエンテーションから 非常に段取りよく すんなりと入国手続き、通関も終えることが出来ました。

そして問題の荷物の宅配も、混乱することなく、JTBの方々の行き届いたお手伝いがあったおかげで こちらも手際よく手配していただきました。

通関を終え、出てくると 妹夫妻が 手作りの歓迎バナーで 迎えてくれました。わざわざ関西から 船が入港するのが見えるホテルに前泊して迎えに来てくれました。いやぁ〜うれしかったですね〜!昨年、ちょっと不調だった義弟が 以前にも増して元気そうだったのが顕著で それも大きな喜びでした。バナーは義弟が 昨夜ホテルで創ってくれたそうです。妹は「よくできたね」と、言っただけだそう!(笑)

下画像は、朝7時半頃、私達の船が入港するのを ホテルの部屋から写したそうです。
<
こちらは船室から私が写した様子です。ベイブリッジ。そして着岸するのに、この小さな船が 7万トンの我々の船を 所定の位置へと導いているのが印象的でした。
[
3ヶ月間、一つの集落がゆったりと移動したような船旅、醍醐味は 荷物を置いたまま 時差の辛さを あまり感じることもなく、各国を巡ることが出来たことでしょうか。色々なアクティビティを行い、ショーなども楽しみつつ 目覚めると別の寄港地。

妹たちと、横浜でしばらく歓談し、疲れているだろうからと気遣ってくれて 私達は家路につきました。妹は 早速、船入港の様子、迎えたときの画像など添付して 子供達に「お父さんお母さんは元気に帰国されたよ」と、報告メールをしてくれたので 助かりました。

今日は、本当に忙しい中、わざわざ遠路来てもらってありがとう。差し入れも美味しく頂きました。バナーのアイディアそして元気そうな姿とマッスル君との会話の弾み、嬉しかったです。

[クルーズ] 明日は横浜到着

いよいよ航海日の最終日となりました。ここ数日は、慌ただしく時を過ごし、更新ができていませんが、また追って記録に残しておきたいと思います。

さて、最終日としての色々な催しがあり、その間を縫って 荷物をまとめ、ドアの外にだすのですが 我が家はスーツケース5個。これでも少ない方なのです。段ボールも合わせて10個以上の方もあり、帰宅してからの荷解きも大変!

夕方から夜11時までに、ドアの外に出しておくと、翌日、下船すると 荷物が前もっておろしてあるので 通関時、楽です。ありがたいですね。

夕食時のハイライトは 調理関係の方達全員で デザートのベークドアラスカパレードがありました。切り分けられたデザートは
今夜のショーは 船長はじめ、全ての乗組員が舞台に登壇、寄港地のビデオダイジェスト版など クルーズを締めくくるのにひと工夫された企画に感激しました。次々と異国文化に触れ、ちょっと混乱しているところもありますが マッスルのビデオ編集が済めば ゆっくり思い出すことでしょう。
明日は、妹夫妻が わざわざ横浜港まで迎えに来てくれるそうで もう今夜から 入港した時に窓から見えるホテルに宿泊しているそうで ビッグソプライズ! 行き違いになるといけないからと 予めメールをくれましたので 楽しみができました。

[クルーズ] そろそろ整理

横浜帰港も 数日後に迫ってきました。荷物の整理中です。寄港地の旗、並べて画像にしてみました。最初の寄港地、台湾だけどこかに紛れて・・・パナマ運河スエズ運河の旗もいただきました。令和もこの船上で迎え、そのお祝いの国旗もあります。どの国の旗?っと、またガイドブックをたどって 行き先順に並べるのも楽しかったです。

画像を写してよかったねと、自己満足!でもその後、ダイニングに行くと 旗を縫い合わせ、記念写真を写されている方に お会いしました。思いもつかなかったアイディア!素敵ですね! 写真を撮らせていただきました。
三ヶ月という期間、テーマを持ってこられた方も多く、キルトを完成させた方、編み物をされた方、社交ダンスをみっちり練習された方、友人の輪を広げられた方、それぞれのクルーズ、終盤は加速度的に 早く時間が進みます。

今日も、色々な発表会が開催されています。クルーズをきっかけにして これからの趣味として育てていかれる方もいらっしゃることでしょう。

私達は 身体のメインテナンスを主に フィットネス腹筋運動は ほぼ休まず出席し、私は ヨガクラスも開催日(寄港地以外は毎日)は、ほぼ休まず続けられたことが このクルーズでの良き思い出です。

そして励ましていただきながら このブログ更新ができたことは 時の経過とともに 自分への大切な記録となることでしょう。時間に押されての記載、たくさんの画像の中からの選択 ネット環境の不具合などもありましたが 寄港地を最後まで綴れたことに感謝しています。

[クルーズ] 船上ライフ

全ての寄港地観光を無事終了し、太平洋を日本に向かって帰路航海中です。船上では 色々な催しが開催されていて ゆったり旅の船上も 結構忙しいです。

私たちは 毎朝、8時からのフィットネスと腹筋運動クラス40分間に参加、そのあと私は9時からのヨガ45分間を受講、その後興味ある講座は出席、こんな調子で午前中は過ぎてしまいます。

近頃のイベントで出席したのは エンカウンターウイズ セレブリティで 玉村豊男氏、マリ・クリスティートークショーそれぞれの生い立ちから現在に至るまでのお話、どちらも分野は違えど メッセージがあり、また決断力、行動力、ボランティア活動など 常にポジティッブ、充実したイベントでした。

船内では七夕も・・・
こちらは毎夜開催される ナイトショー、日本の桜menのお琴と尺八の演奏、こちらは2度目の演奏画像です。前回は 和服で奏でる和の音色、そして和楽器ながら 色々なジャンルの音楽にもチャレンジ、メリハリのある素晴らしいプログラムでした。

若い人たちが 和楽器で 伝統的なことを大切にしながら 西洋の音楽も取り入れていき 接点を見出していく姿に感激しました。尺八とお琴でジャズ、エスニックジャズ、なかなかでした。不思議ですね。ジャズなのに 和のメッセージがあるんです。独自の作曲もあり、日本文化をベースにした(例えば平家物語)作風で 音色にその時代へと誘われます。

f:id:sunflower23:20190710181813j:plain
こちらは 水と温泉に関しての講座でした。2回シリーズで 今日は、温泉が日本の観光資源ということで 色々温泉の効果などのお話、期待感が高まります。

[クルーズ] 船内で・・・

クルーズもあと少しで終わりともなり 親しくなった人たちと アフタヌーンティを 船内のレストランで楽しみました。

シャンペンがつかないコースは 一人10ドルです。相変わらずボリューミー!夕飯は 果物だけにしました。